Short Interview 14 / ショートインタビュー 14

香港のLeo Au選手へのインタビュー(Pro Squash in Japan, Tokyo 2014 PSA Winner)

(決勝戦後にインタビュー)今年の大会は、本当に優勝したかった。準々決勝でTsz Fung Yip(香港)と5ゲームの試合をしてしまったせいで、翌日のTom Fordとの試合はとても辛かった。昨日はウォーミングアップの時、筋肉が固まってしまったようで動けるか心配だった。今日の方が朝のウォーミングアップをした時点で体の調子がとても良かったし、Jaymie Haycocksとは実は今年の3月にロンドンで試合をしていて、その時も3-1で勝っているから、「勝てる!」と思った。もし、体の調子がTom Ford戦の時のような状態だったら、もっと苦しい戦いになったかもしれない。とにかく、とても嬉しいよ(満面の笑みを浮かべて話してくれました)。

Pro Squash in Japan大会はいつも大好きな大会だよ。会場が毎回変わってもかまわない。どこで開催するかは関係ない。是非また来年も参加したいと思っています。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

Leo

Short Interview 11 / ショートインタビュー 11

香港のVanessa選手へのインタビュー

海咲選手と試合をするのは初めてです。格上の選手で厳しい試合になることはわかっていました。今日の試合は、今、私が出せる全ての力を出したので、負けはしましたが、試合には満足しています。

日本にスカッシュの大会で来るのはこれで3回目です。今年の春に同じ会場で行なわれた東アジア大会にも来ました。香港のナショナルチームが海外の大会に送り出してくれるのは上位4名だけです。そのため、自分で大会に自由に出られる訳ではありません。出たいと思う大会を自分で選びますが、ナショナルコーチに許可をもらわなければなりません。来年もまたこの大会に来たいと思いますが、そのためには厳しい競争に勝ち抜いてトップ4に入らないとなりません。また、皆さんにお会いできるとうれしいです。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

WSA-QF-3-5L3A5456

Short Interview 12 / ショートインタビュー 12

マレーシアのElvinn Keo 選手へのインタビュー

(準々決勝のHaycocks選手との試合を振り返って)第1ゲームは接戦だったけれど、彼は僕とは初対戦だったのでゲームの中で僕がどんな選手か、何ができるかできないか試していたような感じだったと思う。僕は最近コーチをする時間が増えてきていたから少し練習不足で、ゲームが長くなればなるほど不利になると思っていた。だから、2ゲーム目は、なんとかしてゲームの主導権を握るきっかけを探しながら試合をしていたけど、結局最後までその機会をつかむ事が出来なかった。彼は僕よりもずっと経験の豊富な選手だから、ゲームの主導権を握るのはもちろん難しいことだとわかってた。でも、それが出来ないと勝てない。昨年膝の手術をしてしばらく練習できなかったことや、コーチの仕事が増えてきて選手としての時間のバランスが少し変わってきてる。上手く練習する時間をきちんとつくる必要があるんだ。

Pro Squash in Japanの大会はとっても好きで、僕の中でこの大会参加の優先度はとても高いんだ。来年も出場できるといいと思っています。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

5L3A4477

プレーヤー交流イベント/11月2日

準決勝の前に、プロスカッシュ恒例の選手との交流イベントが行われました。本戦と違って、リラックスした選手は、また別の魅力があります。このイベント参加費は一部の経費を除いて全て選手へ渡されます。私達から選手へのささやかな支援です。

明日の枠はすでに全て埋まってしまいました。例年、パートナーになって下さった方はこのイベントへの優先予約ができます。是非次回をよろしくお願いします。

参加された皆さまの笑顔をフォトギャラリーでご覧下さい。

event-5L3A6233event-5L3A6022

Continue reading

PSA SF-2/PSA準決勝-2

[1] Leo Au (HKG) 3-0 [6] Tom Ford (ENG) 15-13, 11-7, 11-6 (59 min)

第一シード・香港のレオ選手が決勝進出を決めました。

昨夜、香港同士で90分近いフルゲームをしたレオだが、昨日の硬い感じとはうって変わってリラックスした動きを見せた。逆にフォードの方は明らかに力んでいる感じが受け取れた。試合はスピーディーなラリーから始まり、だんだんフォードの力みが取れ、拮抗した試合となって行く。長いラリーになり始め、ゲームボールが双方を行き来する中、フォードのラケットがレオの頭をかするアクシデントも発生するが、レオが24分のゲームを物にする。第二ゲームはレオがロブを旨く使い出した。若いフォードはスピード勝負に持って行きたいがそうはさせて貰えない。それでも慎重にかつ順調に点を重ねてゆく。一時7-4とリードしたフォードだが、レオが丁寧なショットでじわじわと追い上げ、フォードに展開を作らせない状態に追い込んで、そのままレオがゲームを取る。第三ゲームはレオのロブや絶妙のクロスで得意のスピードを封じ込まれたフォードが、ディフェンスで甘い球を出しては決められてしまい、ストレート負けとなった。24才にしてベテランさながらの緩急と長さを巧みに使うレオに、20才のフォードは太刀打ちできなかった。

神谷典子

Leo played almost 90 minutes game with another Hong Kong player last night but he was more relaxed today than yesterday. On the contrary, Ford seemed to be under tension. The game speed was rather fast from the beginning and as the game goes on, Ford started to get loose with long rallies exchange. The game went seesawing and at one point Ford’s racket almost hit Leo’s head.
Leo took 24 minutes to win this game. In the 2nd game, Leo started to use lobs effectively and young Ford tried to bring the game in faster speed. Ford was cautious in the play and got the lead by 7-4 at one time but Leo kept catching up and never let Ford to take initiative and took this game.
In the 3rd game, Leo succeeded in suppressing Ford’s speed play by using excellent lobs and cross play. Ford was never able to play his style of speedy action and ended up in returning easy balls and lost in straight sets.
24 years old Leo played like veteran with speed variation and stroke length variation. 20 years old Ford could not do keep up with Leo.

Noriko Kamiya

PSA-SF-2-5L3A6603 Continue reading

WSA SF-2/WSA 準決勝-2

[1] Misaki Kobayashi(JPN) 3-0 [6] Vanessa Chu (HKG) 11-6, 11-7, 11-3 (23 min)

小林海咲選手が香港のヴァネッサ選手を完封。シヨリ選手と決勝を戦います。

第一ゲームでは共に良く動き、打ち合う中、ヴァネッサがカウンターの攻めで数点取るが、主導は常に小林にある。チャンスを逃さない小林に、ミスをするヴァネッサ、その差が点差に出た。第二ゲームでは、序盤からヴァネッサが先に展開を作って小林を崩しにかかり一時リードするが、順応した小林のピックアップで逆に苦しめられ5-5と追いつかれる。そこからお互いに同じペースで7-7までくるが、一気に小林が絶妙なコースのショットを繰り出しゲームを取る。第三ゲームは冒頭からヴァネッサのミスと小林のキルショットの連続となる。小林の攻撃は緩むこと無く、そのまま勝利となった。

神谷典子

Kobayashi always kept the initiative. She never missed the chance. Vanessa committed errors. The difference was shown in the point difference.
In the 2nd game Vanessa took offensive play at the beginning in the effort of breaking Kobayashi’s play style and this was a bit successful and led the game temporarily but Kobayashi immediately caught up with pick up and score went 5-5. Then score went to 7-7 but from this point on, Kobayashi played superbly in the corner shot and won this game. In the 3rd game, from the beginning Vanessa committed errors and Kobayashi created kill shots successively Kobayashi was merciless in the attack and ended up winning the game.
Noriko Kamiya

WSA-SF-2-5L3A6490 Continue reading