皆様へ 足立代表より御礼と収支報告

プロスカッシュをご協賛頂いております企業並びに関係者の皆様
いつも応援して下さる多くのスカッシュファンの皆様

プロスカッシュ開催に際して、多大なるご協力を頂きまして誠に有難うございます。
本年も開催が決定したことを皆さまにご報告申し上げます。

昨年度は、個人的には大会開催直前に、また、他のメインスタッフも様々な事情があり、お礼と決算のご報告が大変遅れましたことを心よりお詫び申し上げます。
相変わらずの赤字決算ではありますが、お陰様で、毎年、企業協賛、一般協賛とも増加しております。これは皆様のスカッシュへの愛情の発露であると、スタッフ一同、感激と感謝の気持ちで一杯です。本当に有難うございました。

その成果として、オリンピック新競技選考直前の大事な時期に世間にアピールし、多くのマスコミの皆様の注目を得られた大会となりました。ご存知のようにオリンピックの結果は、残念ながら最終候補には入ったものの、最後の一歩で及びませんでした。しかしながらプロスカッシュはスカッシュを日本中に知らしめるお手伝いをした大いに意義のある大会であったと感じています。

今年は、色々な面で検討した結果、一旦開催を休憩しようかとも考えましたが、頑張っている選手やスカッシュを愛する皆様の思い、そして、まだほんの少しでもオリンピックの新競技入りに可能性が残されているのであれば、『ここはやはり頑張ろう』と考え、この度、都心に立地するスパ白金様を会場に10月30日より11月3日の期間、東京都支部との共催、公益社団法人日本スカッシュ協会後援で、PSAおよびWSAの開催を決定致しました。

6月にスカッシュコートを新たにオープンしたスパ白金様、JSM様並びに各関係者の皆様のご理解・ご協力を得られ、本当に感謝致します。そして今年もさらに新たなる方々のご協力も仰ぎたいと考える所存です。

皆様、世界を目指す日本人選手達の健闘、国内のスカッシュ認知度向上、また、日本ではプロスカッシュでしか観られない、素晴らしいプロ選手達のパフォーマンスを存分に楽しんで頂きたいと思います。是非、ご協力宜しくお願い致します。

プロスカッシュ実行委員会
代表  足立 美由紀

協賛2013

2013収支

2014大会概要

大会概要

大会名称:PRO SQUASH in JAPAN Tokyo 2014
大会略称:プロスカッシュ東京2014
試合日程:10月30日(木)〜11月3日(月・祝)(30日は男女予選のみ)
開催場所:スパ白金(東京メトロ南北線・都営三田線白金台駅下車徒歩3分)
主  催:プロスカッシュ実行委員会・日本スカッシュ協会東京都支部
賞金総額:男女共1万USドル
後  援:公益社団法人日本スカッシュ協会
試合方式:シングルス、PAR11、5ゲームズマッチ
競技規則:PSA・WSAの規定による
種  目:男女シングルス
出場資格:プロ(PSA・WSA)登録選手及び日本協会登録選手
参加人数:男女各最大28名(予選ローカル枠男子4名女子8名、ワイルドカード男女各1名)
来場者数:観客 約500名

表彰式

女子は全日本チャンピオンでWSA36位の小林選手が5つ目のタイトルとして、男子は世界ランク44位のMeguid選手が7つ目のタイトルとして、今年の優勝者となりました。
奇しくも2010年の和歌山大会と男女共同じ優勝者です。

Winner

Kobayashi & Meguid

 

winner_1

Kobayashi & ZOMA Mr.Amos Yuan

winner_2

Meguid & SQ-CUBE Mr. Kobayashi

kasahara

right: Mr. Kasahara JSA chairman, left: our interpreter Mr. Ohno

takahashi

Kanagawa branch Manager Mr. Takahashi

all

スポンサーの皆様、日本スカッシュ協会の笠原会長も祝福に駆けつけてくださいました。

そして今年も多くの皆様のご協賛・ご協力を頂き、成功裏に大会を終える事ができました。また改めてお礼とご報告はさせて頂きますが、この場をお借りして、言葉に代えられぬ素晴らしいお気持ちとお力を頂いた事をご報告させて頂きます。

スカッシュの未来へ、夢を馳せ、今大会を終了いたします。
ありがとうございました!

adachi

Our Tournament director, Adachi

allstaffs

Players, Sponsors & All Staffs

大会結果一覧はこちらをご覧下さい。

レビューやフォトギャラリーなど、逐次アップして行きます。個人協賛して下さった方の一覧や会計報告も掲載予定です。引き続きプロスカッシュサイトをよろしくお願いいたします。

パーティの写真は参加者限定公開となっています。パスワードはプロスカッシュまでお問い合わせください。prosquash@squash-k.org

PSA Final Meguid vs Au戦

プロスカッシュ2013、男子優勝Omar Abdel Meguid選手。男女とも2010年と同じ優勝者となりました。

Omar選手は世界ランク44位、25歳 身長192cm 94kg、世界ランク46位、23歳 身長165cm 60kg 身長差27cmのAu選手を125分の戦いの末、破りました。

[1] Omar Abdel Meguid (EGY) bt [2] Leo Au (HKG)  3-2  13/11, 9/11, 6/11, 11/7, 13/11  125min.

Omar_1Omar_2Leo_1

 

WSA Final Kobayashi vs Ibrahim戦

プロスカッシュ2013、女子優勝は小林選手。世界ランク36位、23歳、全日本チャンピオンプロスカッシュ二勝目、WSAでは5つ目のタイトルです。

Ibrahim選手、世界ランク67位、17歳、完封負けとなりました。

In Pro Squash 2013, Ms. Kobayashi( 23 years old)-world rank 36th won this tournament.This is her 2nd win of All Japan Championship Pro Squah and 5th WSA title.

Young Ms. Ibrahim (17yeas old)-world rank 67 lost the match instraght games.

[1] Misaki Kobayashi (JPN) bt [4] Salma Hany Ibrahim (EGY) 3-0  11/4, 11/8, 11/6   27 min.

Misaki_2 ibrahim_1

メディアに紹介相次ぐ

昨日の記者会見を受け、新聞、テレビなど、日本中のメディアにスカッシュが紹介されました。オリンピック競技決定日に向けて、小林・松井両選手のインタビューやこの大会がスカッシュの資料映像として登場いたします。

テレビ朝日の報道ステーションでは決勝まで取材が入る予定で、大きな事件などが起きない限り、連日、大会が放映される予定です。是非ご覧ください。

また、スカッシュの男子国際トーナメントツアーの統括団体、PSAのウェブサイトに昨日の様子が記事になりました。こちらも併せてご覧ください。

Following yesterday’s press conference, squash was covered over all media including newspapers and TVs etc. Interviews with player Kobayashi and player Matsui as well as information about this tournament will be broadcasted toward the date when squash might be selected as an Olympic game.

TV Asahi’[Hodo Station] plans to cover this tournament all the way to the finals everyday if no major incident happens.. Please turn on TV Asahi.

Also, the governing body of international male squash tournament called PSA released the news article about this tournament on their website. Please view this also.