観戦のご案内(information for spectators)/10月21日追記

Featured

先ほどまで、座席配置図が見られない状況になっていた事が判明いたしました。大変申し訳ありませんでした。

ご観戦には是非、ご協賛をお願いします。
バックウォールからのご観戦はグリーンパートナーからになります。
詳しいご案内はこちらをご覧下さい。

スクリーンショット 2014-10-21 00.07.28

【観客席予定図】

試合時間も確定し、いよいよ開催が間近となってまいりました。観戦のご案内です。プロスカッシュ開催が初めての会場ですので、施設会員様に支障の無いよう、また、皆様が気持ち良くご観戦頂けますよう、ご協力をお願い致します。

Continue reading

PRO SQUASH in JAPAN Tokyo 2014 

Featured

Coming Up 30. October to 3. November 2014 in Shirokane Tokyo!

今年は10月30日から11月3日まで、東京のスパ白金で、PSAとWSAを開催いたします。
是非、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

詳しくは大会概要をご覧下さい。

足立代表からの昨年の御礼およびご挨拶もご覧下さい。

2014大会パートナーシップ(個人協賛)のご案内を掲載いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

パーティーのご案内

11月2日(日)試合終了後にパーティを開きます。 PSA・WSA大会参加選手と共に軽食とお酒を飲みながら交流しませんか? カジュアルなパーティーですので、お気軽にご参加ください。 どなたでもご参加頂けます。

下記フォームよりお申込みください。

レフリーの国際資格を取るには?

オリンピックの宣誓を審判もするように、国際的な競技大会が成立するために審判の存在はとても重要です。ルールに従い気持ちよく選手達が競うため必要な審判ですが、スカッシュもそれぞれの国がレフリー養成の仕組みを持っています。例えば、イングランドではコーチ資格のLevel2を取得すると同時にクラブレフリー資格(クラブ対抗戦などでレフリーが出来る)が付与されます。そして、クラブレフリー資格取得後2年の間にカウンティートーナメントレベルの試合を3試合レフリングし、審査資格保有者からアセスメント(審査)を受けて認められれば、カウンティーレフリー資格(カウンティートーナメント前半ラウンドのレフリーができる)を取る事が出来ます。その後経験をつむとトーナメントレフリー(カウンティートーナメント最終ラウンドやマイナーなイングランドトーナメントのレフリーが出来る)、ナショナルレフリー(イングランドの主要オープントーナメントのレフリーができる)と資格が上がるにつれ大きな大会でのレフリーをすることができるようになります。国際的な大会やプロの大会では、こうした資格を持ったレフリーが各国から集まり大会運営を支えます。

先日、イングランドのクラブレフリー資格を持つ日本人選手が、トーナメントやリーグ戦の合間に、香港オープンのレフリーチームに参加しました。世界スカッシュ連盟の公認レフリーになるためには、多くのレフリー経験を積み、審査資格保有者からのアセスメント(審査)を受なければなりません。アセスメント(審査)が成立するのは1試合に最低25回のアピール(レット等選手からの問いへの判定)がある試合なため、アセスメントを受けるだけでも大変です。イングランドから居を移したスコットランドでも、大学生選手として切磋琢磨しながらレフリー経験も積み、まずはナショナルレベルのレフリーを目指しています。

現在、世界スカッシュ連盟の公認レフリーは24名登録されていますが、このうちアジア諸国(香港2、パキスタン3、インド3、シンガポール1)のレフリーは9名。毎年、プロスカッシュを支えてくれている香港のアンソニー・ソウさんは、その一人です。世界スカッシュ連盟公認レフリーのリストにJapanの文字が載る日も近いかもしれませんね。
【世界スカッシュ連盟公認レフリーリスト:http://www.worldsquash.org/ws/coaching-development/referees/world-internation-referees

2014香港オープンの3人レフリーの様子

2014香港オープンの3人レフリーの様子

大会タイムスケジュール発表(男子準決勝時間訂正有)

大会タイムスケジュールを発表いたします。

  • 11月2日男子準決勝の時間に訂正があります。(10月16日)
  • 観戦者受付時間に変更があります。(10月6日)

ご観戦、そして個人協賛もどうかよろしくお願いいたします。
PSA_draw_with_time

WSA_draw_with_time
観戦者受付開始時間

11月2日、3日の受付時間を変更させていただきます。(10月6日)

      • 30日 9:30
      • 31日 13:00
      • 1日 9:30
      • 2日 9:3011:00
      • 3日 10:0013:00

※受付開始時間までは施設には入場できません(レストランはご利用になれます)。

東京大会ボランティアのお願い

今大会をより良く運営するために、ボランティアをしてくださる方を募集します。

募集内容

スタッフ役割 仕事内容 必要とされるスキル
受付・会場管理 受付・観戦者の案内・整理 特に無し
広報補佐 PC入力等 PCの基礎知識やタッチタイプができるなど
審判員(マーカー) 準々決勝までのマーカー スカッシュの審判スキル

お手伝いいただく時間(予定)

  • 10月30日(木) 9:00~21:30
  • 10月31日(金) 14:00~22:00
  • 11月1日(土) 10:00~20:30
  • 11月2日(日) 13:00~19:00
  • 11月3日(祝) 14:00~19:30
  • 時間は相談に応じます。可能な時間をお知らせください。
  • 薄謝を1日あたり2千円ご用意しております(交通費込み)。
  • 11月2日のパーティー参加費の割引をさせて頂きます。
  • 交替で休憩時間を入れるようにいたします

志願してくださる方は下記フォームに必要事項をご記載の上送信してください。

10月10日頃までにご志願頂いた方は、パンフレットにスタッフとしてお名前を載せさせて頂きます。 諸事情で受け持ちポジションを実行委員会内で調整させて頂く場合があります。 前もってご了承をお願いします。

WSAメインドロー発表

PSAに引き続き、11日にドローが出ました。
今年も本戦からのスタートとなります。

世界5ヶ国からの参戦で、小林選手が第1シード、続くシードの海外選手達はいずれも小林選手と実力伯仲の皆さんです。
そして着々と成長している渡邉聡美選手が、今大会にWSA選手として日本デビューします。
ローカルエントリーでは松井選手や杉本選手、山崎選手が参戦、海外選手と戦います。

応援をよろしくお願いします!

タイムスケジュールは近日中に発表いたします。
ご観戦、そして個人協賛もどうかよろしくお願いいたします。

WSA_Draw_11092014

PSAメインドロー発表

9月2日にエントリーが締め切られ、本日ドローが出ました。
予選含め世界8ヶ国からの参戦で、今年も皆さまにお馴染みのAu選手、ジェームス(Huang)選手やエルビン選手と共に、成長株の若手が参加しています。今年はAu選手、念願の優勝を手にするか?

今年は本戦・予選共にイングランドの選手が多く参戦し、予選では日本選手との熱戦が期待されます。

日本からは以下の選手が参加します。

本戦
海道泰喜(ワイルドカード、PSA)

予選
福井裕太(PSA)
机伸之介(PSA)
高見沢勉(PSA)
清水孝典(ローカル)
机龍之介(ローカル)
林尚輝/参加予定(ローカル)

皆さん、応援をよろしくお願いします!

個人協賛も併せてお願いいたします。

スクリーンショット 2014-09-05 21.43.12

香港オープン観戦リポート

まもなくプロスカッシュのエントリーが締め切られようとしています。
今年も世界各国からエントリーが来ています。
皆さん、どうぞお楽しみに!

8月24日から31日まで(予選:24日〜25日)、賞金男子15万USドル、女子7万USドルをかけた香港オープンが行われています。
今年からスタッフになったstaff-mから観戦リポートが届きました。(8月28日のリポートです)

男女とも第一ラウンドが終了しましたが、男子はシード破りが続出。予選から参加した選手が第二ラウンドに駒を進めています。

メキシコのAlfredo Avila選手(World No.52)は、イングランドのTom Richards選手(World No.32)を相手に見事なプレーをし、11-7, 11-5, 6-11, 15-13で本選への権利を勝ち取り、先日の第一ラウンドでもMarwan El Shorbagy選手(World No.17)との 厳しい接戦を制して6-11,11-8,11-9,9-11,11-8 (65mins)で第二ラウンドに進出。そして第一ラウンドの最大のシード破りは、イングランドのトッププレイヤーJames Willstrop 選手(World No.6)をエジプトのTarek Momen選手(World No.12)が3-0(11-9,12-10,11-8 (42mins))でくだした事です。Willstrop選手は不調を抱えていたようで動きがよくありませんでしたが、Momen選手は最初のゲームを取るとそのまま波に乗り試合を制しました。

この他見事なアップセット(シードバック)で第二ラウンドに駒を進めた選手達の試合結果は以下の通り。
Fares Dessouki (EGY, World No.36) beat Mathieu Castagnet (FRA, World No.19) by 10-12,11-8,11-8,11-9 (76mins)
Zahed Mohamed(EGY, World No.47) beat Omar Abdel Meguid (EGY, World No.29) by 9-11,11-5,11-5,7-11,11-9 (71mins)
Shaun Le Roux(RSA, World No.54) beat Olli Tuominen (FIN, World No.30) by 6-11,11-8,13-11,12-10 (70mins)
Gregoire Marche (FRA, World No.28) beat Karim Darwish (EGY, World No.9) by 11-5,11-8,7-11,11-7 (41mins)

日本からは小林海咲選手が参加しました。予選6番目で参加予定だったそうですが、6名もの棄権があり本選の参加権を得て、なんと昨年もこの香港オープン初戦で顔を合わせたイングランドのAlison Waters選手(WISPA ランキング6)と再び対戦。残念ながら3-0(11-4,11-8,11-7)(26分)で敗退でした。

今後の試合の様子は以下のサイトをご覧ください。
香港スカッシュサイト:http://www.hksquashopen.com/home.php

大会スケジュール/9月15日変更

下記のスケジュールを予定しております。
観戦・参戦のご参考になさって下さい。

10月30日(木): 男子予選/終日(女子は予選が無くなりました)

10月31日(金): 男女本戦1回戦/終日
(15:00〜:1面進行 16:30〜:2面進行)

11月1日(土): 男女準々決勝/終日
(1面進行:全8試合)

11月2日(日): 男女準決勝/午後開始予定
(1面進行:全4試合)
*準決勝終了後に会場1階のレストランにてレセプションパーティーを行います。プロ選手との交流をお楽しみ下さい。

11月3日(月・祝): 男女決勝/午後開始予定
(1面進行:全2試合)

*プロ選手と打ち合う事の出来る参加型イベントは、2・3日の午前中を予定しております。(有料)