Short Interview 14 / ショートインタビュー 14

香港のLeo Au選手へのインタビュー(Pro Squash in Japan, Tokyo 2014 PSA Winner)

(決勝戦後にインタビュー)今年の大会は、本当に優勝したかった。準々決勝でTsz Fung Yip(香港)と5ゲームの試合をしてしまったせいで、翌日のTom Fordとの試合はとても辛かった。昨日はウォーミングアップの時、筋肉が固まってしまったようで動けるか心配だった。今日の方が朝のウォーミングアップをした時点で体の調子がとても良かったし、Jaymie Haycocksとは実は今年の3月にロンドンで試合をしていて、その時も3-1で勝っているから、「勝てる!」と思った。もし、体の調子がTom Ford戦の時のような状態だったら、もっと苦しい戦いになったかもしれない。とにかく、とても嬉しいよ(満面の笑みを浮かべて話してくれました)。

Pro Squash in Japan大会はいつも大好きな大会だよ。会場が毎回変わってもかまわない。どこで開催するかは関係ない。是非また来年も参加したいと思っています。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

Leo

Short Interview 12 / ショートインタビュー 12

マレーシアのElvinn Keo 選手へのインタビュー

(準々決勝のHaycocks選手との試合を振り返って)第1ゲームは接戦だったけれど、彼は僕とは初対戦だったのでゲームの中で僕がどんな選手か、何ができるかできないか試していたような感じだったと思う。僕は最近コーチをする時間が増えてきていたから少し練習不足で、ゲームが長くなればなるほど不利になると思っていた。だから、2ゲーム目は、なんとかしてゲームの主導権を握るきっかけを探しながら試合をしていたけど、結局最後までその機会をつかむ事が出来なかった。彼は僕よりもずっと経験の豊富な選手だから、ゲームの主導権を握るのはもちろん難しいことだとわかってた。でも、それが出来ないと勝てない。昨年膝の手術をしてしばらく練習できなかったことや、コーチの仕事が増えてきて選手としての時間のバランスが少し変わってきてる。上手く練習する時間をきちんとつくる必要があるんだ。

Pro Squash in Japanの大会はとっても好きで、僕の中でこの大会参加の優先度はとても高いんだ。来年も出場できるといいと思っています。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

5L3A4477

Short Interview 8 / ショートインタビュー 8

イングランドから参戦のトム選手にインタビュー

Aqeelとは頻繁に試合であたるんだよ。僕と彼のランキングの差は10くらいしかなくて、互いに勝ったり負けたりしているんだ。不思議な事にここ数年、サウスアフリカのゲームで僕が勝つと、その一か月後にあるスイスのトーナメントで僕が負けているんだ。間違いなくサウスアフリカは僕の大好きなトーナメントの一つだね。今日の試合は自分のゲームがきちんとできたから、とても楽しかったよ。昨日はボールが変な弾み方をするから荒いゲームになってとても嫌な気分だったんだ。今日は、思い通りのゲームができたし、(今日みたいに)コートで笑顔を浮かべる事ができる時は調子がいいんだ。そうそう、このコート好きだよ。この調子で、東京も僕の好みのトーナメントなるとうれしいな。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

Tom Ford

Short Interview 7 / ショートインタビュー7

イングランドから参戦のアダム選手にインタビュー

(昨日の試合を振り返って)イングランドから12時間以上もかけてやってきたら、初戦でイングランド選手(Jaymie)と試合する事になっちゃたね。2ゲーム目と3ゲーム目は、かなり迫ったんだけど、絶対取らなければいけないBig pointsの時に僕はそれを物にする事が出来なかったのが敗因だ。このクラブのコートは良い感じだよ。とてもいいスカッシュが出来るコートだと思った。床は弾みが抑えられているし、フロントウォールのボールは早い。バックエンドにきちんとした長さでボールを打てば、ニックに入ったり、いいボールを打てばその見返りがあるコートで、僕は好きだよ。

東京は初めてだけど、とてもステキな所だね。ただ、今日は時間があるからふらふらしようと思ったら生憎と雨だったけど、マンチェスターよりは暖かいから気にならないよ!

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

Adam

 

 

Short Interview 6 / ショートインタビュー6

オーストラリアから参戦のカワルスキ選手に試合後インタビュー

Jamesが僕より上手くプレーしていたよ。コートが暑くて、ボールが良く弾んだね。これまで何度か彼とは対戦したことがあるけど、彼に負けたのは今回が初めて。僕には良くない日だったね。たくさん試合をしているとトーナメントではこんなこともある。昨日は40分くらいで来られたのに、今日は1時間以上もかかって、十分なウォーミングアップもできなかった。彼は100%自分の力を出していたけど、僕は出せなかったって事かな……また、来年東京に来るよ。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

Karwalski-2

Short Interview 5 / ショートインタビュー5

オーストリアのナショナルチームメンバー、レーマン選手のインタビュー

モーツァルトで有名な観光地・ザルツブルク出身で、ドイツ語圏のプロ選手には珍しく、ご両親はスカッシュをやっていなかったのですが、御父様がパキスタンの出身(御母様がオーストリア人)で、父の祖国のスポーツとしてスカッシュを六才の時から始めました。すでに23年のベテランとなります。彼の姉妹もスカッシュをしているそうです。ザルツブルクはけして大きな街ではないですが、何カ所かクラブもあり、大きな大会が催され、テレビ中継もされたりしています。彼は地元のヒーローなのがザルツブルクスカッシュサイトからうかがわれます。

現在はプロとしてスポンサーの支援を受けながら、イングランドのハロゲートとザルツブルクでの練習に加えて、各地を遠征して回っています。今回はパキスタンの試合に出てから日本に回ってきたので、リーズナブルだったそうです。

彼の精緻なラケットワークは鍛錬のたまもので、試合中は常にスピードとコース、戦略を考え続けているそうです。試合の時の目線の強さは印象的。

レーマン選手のウェブサイト

Rehman

 

Short Interview-4/ショートインタビュー4

今大会のPSA第二シード、ヘイコックス選手へのインタビュー

Adam Murrillsは同じイングランドの選手で、僕のいるバーミンガムからそれほど遠くないところを(車で2時間くらい)拠点にして、プロ活動をしていますが、今まで対戦したことはありませんでした。ただ、Adamはインドのサーキットに出ていて良い成績を出していたので、楽な展開ではないと思っていました。2、3ゲーム目は彼が粘り強いプレーをしてきたので、どちらも11-9とかなり接戦となりましたが、3-0で次のラウンドに進めて非常に嬉しいです。
マカオの試合から直接日本にきているので、時差ぼけもなく調整は十分です。日本には、始めてきましたが、試合のスケジュールを組む上ではとてもいい日程でした。イングランドスタイルの試合を観客の方にみていただく事が出来てよかったと思います。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

Haykocks

Short Interview 3 / ショートインタビュー3

プロスカッシュ第一回から皆勤賞のジェームス選手へのインタビュー

香港でトレーニングをしているのでCheuk Yan Tang選手のことは良く知っています。一緒に練習してますし、彼は僕の強さも弱さもプレースタイルも良く知っているので、手強い選手だと思っています。彼は毎年強くなっているし、3ゲーム目、彼は非常にいいプレーをしたと思う。
スパ白金のコートはとてもいいよ。特に、台湾のコートに似ているので、とてもプレーしやすい。東アジア大会の時もきたしね。とても気に入っているよ。そして、ProSquash in Japanには、いつも参加しているけど、日本は好きな国の一つです。明日は厳しい試合になると思うけど、台湾に似ているここのコートが僕に有利になると嬉しいと思うよ。(31日インタビュー)

James