Short Interview 12 / ショートインタビュー 12

マレーシアのElvinn Keo 選手へのインタビュー

(準々決勝のHaycocks選手との試合を振り返って)第1ゲームは接戦だったけれど、彼は僕とは初対戦だったのでゲームの中で僕がどんな選手か、何ができるかできないか試していたような感じだったと思う。僕は最近コーチをする時間が増えてきていたから少し練習不足で、ゲームが長くなればなるほど不利になると思っていた。だから、2ゲーム目は、なんとかしてゲームの主導権を握るきっかけを探しながら試合をしていたけど、結局最後までその機会をつかむ事が出来なかった。彼は僕よりもずっと経験の豊富な選手だから、ゲームの主導権を握るのはもちろん難しいことだとわかってた。でも、それが出来ないと勝てない。昨年膝の手術をしてしばらく練習できなかったことや、コーチの仕事が増えてきて選手としての時間のバランスが少し変わってきてる。上手く練習する時間をきちんとつくる必要があるんだ。

Pro Squash in Japanの大会はとっても好きで、僕の中でこの大会参加の優先度はとても高いんだ。来年も出場できるといいと思っています。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

5L3A4477

Comments are closed.