大会に寄せて——丹埜倫

丹埜倫氏から本大会に寄稿をいただきました。大会前に頂いたのにアップロードが遅くなってしまいお詫び申し上げます。


僕が初めて世界のプレーを生で見たのが1998年のJapan Open。スカッシュを本格的に始めて1年弱、ビデオでは見慣れていたつもりでも、世界のスカッシュを目の前で見たときの刺激・興奮は今でも忘れません。最後のJapan Openから7年、PSAのスカッシュがまた日本にやってきます。迫力があり個性的な海外選手のプレーや、それに対抗する国内選手の普段は見られない対戦と、Japan Pro Squashは出場選手から観戦される方まで全てのスカッシュ愛好家にとってすばらしい体験になると信じています。できる限り多くのものを見て、感じて、吸収していただきたいと思います。
最後に、このような機会を日本で作っていただいた関係者の皆様のご尽力に敬服するとともに、本大会のような海外と日本のスカッシュの交流が今後も継続することを切に願っております。

選手の皆さん、がんばってください!


Dear PSA players,
On behalf of all the squash fans of Japan, thank you so much for participating in the two tournaments held in Yokohama & Wakayama. It has been a long time since Japan has hosted a PSA tournament, and we are all looking forward very much to seeing some great squash. I hope this will be one of many upcoming international tournaments in Japan, and wish to have you back again in the future. Have a safe trip, good game, and a great time in Japan!

(Ron Tanno, former national team member.)

Comments are closed.