PSA QF-4/PSA準々決勝-4

[1]Leo Au (HKG) 3-2 [5] Tsz Fung Yip (HKG) 10-12, 6-11, 13-11, 11-9, 11-7 (83 min)

香港No.2とNo.3の対戦だ。序盤、6-1とリードされたAuがドライブを安定させてタイブレークに持ち込んだが、先にゲームボールを握ったYipにそのままゲームを取られる。第二ゲームもTipの激しくミスの無い攻撃に、Auは終始守りになる。少しずつタイミングをずらされてリードされ、レフリーの判定にもいらつきを見せるAuに対し、Yipは時間を旨く使ったラリーをしてこのゲームも取る。第三ゲームはお互い一歩も引かない攻防が続き、6-6、8-8、9-9で、レットを四回も重ね、ここで初めてAuがゲームボールを握るも、Yipも引かずにマッチボールまで追い込むが、後のないAuが執念でゲームを取る。第四ゲームは1点ずつサーブが入れ替わりゲームが進む、お互いに攻めては守る苦しいラリーが続く。9-8辺りからYipのミスが続いてAuがこのゲームを取り、勝敗の行方はファイナルゲームへともつれ込む。最終ゲームでは、ショットの質が変わらない者に勝利が行く。Auは少し甘くなったYipから旨くミスを引き出し、必死に食い下がるYipを振り払って勝利を手にした。

神谷 典子

This is the match between two Hong Kong players. It is between No.2 and No.3 players. Au was behind by 1-6 at the beginning but he was able to catch up to tie break with steady drive but Yip cashed in the game ball of match. Yip played very steadily without errors and Au had to play defensively all the time. Au was irritated by Yip’s off the timing play and was also annoyed by the referee’s judgment. Yip managed the time in rallies effectively and won this game also. In the 3rd game, the game was deadlocked and went on 6-6,8-8 and 9-9 with 4 lets. At this point, Au got the game ball whereas Yip did not cash in the match ball and Au took this game while realizing that he was cornered. In the 4th game, game went on by both winning a point alternately and both struggled in attack and defense. Yip started to make more errors at the game point of 9-8 and Au took this game. Now the decision was to be made in the final game. In the final game, the winner will be the one who played the shot steadily. Au caught up with Yip’s mediocre shot and forced him to make errors. Yip tried very hard to catch up with Au unsuccessfully.

Noriko Kamiya

PSA-QF-4-5L3A5813 Continue reading

Short Interview 8 / ショートインタビュー 8

イングランドから参戦のトム選手にインタビュー

Aqeelとは頻繁に試合であたるんだよ。僕と彼のランキングの差は10くらいしかなくて、互いに勝ったり負けたりしているんだ。不思議な事にここ数年、サウスアフリカのゲームで僕が勝つと、その一か月後にあるスイスのトーナメントで僕が負けているんだ。間違いなくサウスアフリカは僕の大好きなトーナメントの一つだね。今日の試合は自分のゲームがきちんとできたから、とても楽しかったよ。昨日はボールが変な弾み方をするから荒いゲームになってとても嫌な気分だったんだ。今日は、思い通りのゲームができたし、(今日みたいに)コートで笑顔を浮かべる事ができる時は調子がいいんだ。そうそう、このコート好きだよ。この調子で、東京も僕の好みのトーナメントなるとうれしいな。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

Tom Ford

Short Interview 7 / ショートインタビュー7

イングランドから参戦のアダム選手にインタビュー

(昨日の試合を振り返って)イングランドから12時間以上もかけてやってきたら、初戦でイングランド選手(Jaymie)と試合する事になっちゃたね。2ゲーム目と3ゲーム目は、かなり迫ったんだけど、絶対取らなければいけないBig pointsの時に僕はそれを物にする事が出来なかったのが敗因だ。このクラブのコートは良い感じだよ。とてもいいスカッシュが出来るコートだと思った。床は弾みが抑えられているし、フロントウォールのボールは早い。バックエンドにきちんとした長さでボールを打てば、ニックに入ったり、いいボールを打てばその見返りがあるコートで、僕は好きだよ。

東京は初めてだけど、とてもステキな所だね。ただ、今日は時間があるからふらふらしようと思ったら生憎と雨だったけど、マンチェスターよりは暖かいから気にならないよ!

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

Adam

 

 

WSA QF-4/WSA準々決勝-4

[1] Misaki Kobayashi(JPN) 3-0 [7] Lee Ka Yi (HKG) 11-2, 11-5, 11-3 (19min)

第一ゲームからキッチリしたコースと長さで危なげなくゲームを進める小林。途中、小林がウィニングショットをティンに当てて3失点するも、リーは何もできずに第二ゲームを落とす。第三ゲームはリーのドライブが伸びてきてラリーが若干長くなるも、小林はリーにゲーム展開のチャンスを与えずに封じ込めた。

神谷典子

In the 1st game, Kobayashi controlled her shot in length and course As much as Kobayashi hit the tin 3 times, Lee could not do anything and lost 2nd game. In the 3rd game, Lee’s drive got more power and exchange of rallies lasted longer but Kobayashi never gave any room for Lee to take initiative and won the game.

Noriko Kamiya

WSA-QF-4-5L3A5681

Continue reading

PSA QF-3/PSA準々決勝-3

[6] Tom Ford (ENG) 3-0 [4] Aqeel Rehman (AUT) 11-6, 13-11, 11-5 (36 min)

第一ゲームはお互いにショットが短くぎこちないスタートを切ったが、長いラリーになるとレーマンがティンを叩くシーンが目立つようになってゲームを落とす。第二ゲームは二人共お互いを前後に走らせ、スピード有る攻防が続くが、またもレーマンがティンを叩く。タイブレークまで持ち込むも、フォードのキルショットの精度が上回りまたもフォードのゲームとなる。第三ゲームはフォードのショットがさらに良くなり、フォードの勝利となった。レーマンは終始調子が悪そうであった。

神谷典子

1st game started rather awkwardly with short shots each other but in long rallies Rehman hit tins more often and ended up losing the game, In the 2nd game, both moved around aggressively with speed but again Rehman hit the tin. The game went into tie break but Ford’s kill shots improved and Ford won this game. In the 3rd game, Ford played better and won the game. It seems that Rehman was not at his best all the way.

Noriko Kamiya

PSA-QF-3-5L3A5639 Continue reading

WSA QF-2/WSA準々決勝-2(レビュー追記)

[2] Siyoli Waters (RSA) 3-1 [8] Satomi Watanabe (JPN) 12-14, 14-12, 11-9, 11-6 (37 min)

マレーシアで研鑽を積んでいる渡邉選手、WSA36位のシヨリ選手相手に大健闘でした。

Watanabe who now trains herself in Malaysia,did very well against Siyori who is ranked 36th.

第一ゲームはパワーで押され、スタートは少し固かった渡邉だが、中盤からショットの伸びが出てきた。タイブレークでお互いミスが出るが、我慢強くプレーし、1ゲーム先取。続く第二ゲームではシヨリのスピードにはついていけてており、プレッシャーも掛けていたので、お互いミスが出て一進一退。8-10からシヨリのミス2本で渡邉が追いつくが、落ち着いていたシヨリがゲームを取り返した。第三ゲームに入ると、スピードはまだ互角。一進一退で2点以上離れない。渡邉が6-8から9-8とリードするも、ボールが伸びてきたシヨリに取られる。シヨリのスピードにはついていけているが、渡邉に疲れが見え始める。そして第四ゲーム、6-6から渡邉がイージーミスを続けて3本。シヨリは最後までペースを乱さずステディーにラリーを続け勝利した。

メッドサポートシステムズ 小林海咲

In the 1st game, Siyori overpowered Watanabe who was not relaxed at the beginning but from the middle of the game, her stroke started to carry power. At tie break, both committed unforced errors but Watanabe was patient and won the 1st game. Watanabe was in contention with Siyori’s speed and was able to apply pressure. The game went seesawing and Watanabe caught up from 8-10 with Siyori’s two consecutive errors but Siyori won this game with rational control. In the 3rd game, play speed was even and the score difference does not go over 2 points. Watanabe led by 9-8 by winning 3 points from 6-8 but Siyori exerted more power and Watanabe seemed to be tired as much as she was keeping up the speed. In the 4th game, Watanabe committed easy unforced errors 3 shots in succession whereas Siyori maintained steady play and won the rally.

Med Support System – Misaki Kobayashi

WSA-QF-2-5L3A5220

WSA-QF-2-5L3A5166

Continue reading