Short Interview 14 / ショートインタビュー 14

香港のLeo Au選手へのインタビュー(Pro Squash in Japan, Tokyo 2014 PSA Winner)

(決勝戦後にインタビュー)今年の大会は、本当に優勝したかった。準々決勝でTsz Fung Yip(香港)と5ゲームの試合をしてしまったせいで、翌日のTom Fordとの試合はとても辛かった。昨日はウォーミングアップの時、筋肉が固まってしまったようで動けるか心配だった。今日の方が朝のウォーミングアップをした時点で体の調子がとても良かったし、Jaymie Haycocksとは実は今年の3月にロンドンで試合をしていて、その時も3-1で勝っているから、「勝てる!」と思った。もし、体の調子がTom Ford戦の時のような状態だったら、もっと苦しい戦いになったかもしれない。とにかく、とても嬉しいよ(満面の笑みを浮かべて話してくれました)。

Pro Squash in Japan大会はいつも大好きな大会だよ。会場が毎回変わってもかまわない。どこで開催するかは関係ない。是非また来年も参加したいと思っています。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

Leo

Short Interview 11 / ショートインタビュー 11

香港のVanessa選手へのインタビュー

海咲選手と試合をするのは初めてです。格上の選手で厳しい試合になることはわかっていました。今日の試合は、今、私が出せる全ての力を出したので、負けはしましたが、試合には満足しています。

日本にスカッシュの大会で来るのはこれで3回目です。今年の春に同じ会場で行なわれた東アジア大会にも来ました。香港のナショナルチームが海外の大会に送り出してくれるのは上位4名だけです。そのため、自分で大会に自由に出られる訳ではありません。出たいと思う大会を自分で選びますが、ナショナルコーチに許可をもらわなければなりません。来年もまたこの大会に来たいと思いますが、そのためには厳しい競争に勝ち抜いてトップ4に入らないとなりません。また、皆さんにお会いできるとうれしいです。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

WSA-QF-3-5L3A5456

Short Interview 12 / ショートインタビュー 12

マレーシアのElvinn Keo 選手へのインタビュー

(準々決勝のHaycocks選手との試合を振り返って)第1ゲームは接戦だったけれど、彼は僕とは初対戦だったのでゲームの中で僕がどんな選手か、何ができるかできないか試していたような感じだったと思う。僕は最近コーチをする時間が増えてきていたから少し練習不足で、ゲームが長くなればなるほど不利になると思っていた。だから、2ゲーム目は、なんとかしてゲームの主導権を握るきっかけを探しながら試合をしていたけど、結局最後までその機会をつかむ事が出来なかった。彼は僕よりもずっと経験の豊富な選手だから、ゲームの主導権を握るのはもちろん難しいことだとわかってた。でも、それが出来ないと勝てない。昨年膝の手術をしてしばらく練習できなかったことや、コーチの仕事が増えてきて選手としての時間のバランスが少し変わってきてる。上手く練習する時間をきちんとつくる必要があるんだ。

Pro Squash in Japanの大会はとっても好きで、僕の中でこの大会参加の優先度はとても高いんだ。来年も出場できるといいと思っています。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

5L3A4477