Short Interview 10 / ショートインタビュー 10

南アフリカから今年初めて大会参加したSiyoli Waters選手へのインタビュー

(昨日の試合を振り返って)渡邉聡美選手の試合はインドの大会で見ていました。去年の彼女を知っていますが、1年で非常に成長したと思います。彼女は若いし、これからが楽しみですね。彼女は早いゲームが好きな様で、最初のゲームは慣れるのに時間がかかりました。でも、一旦そのペースに慣れたら自分のゲームができましたね。次の準決勝では立ち上がりでもたついていたらだめだと思っています。最初から素早くゲームの流れに乗れるようにして行こうと思ってます。

この大会にはインドから直接来たので、時差調整等体調をあわせることが特に難しいということはありません。だいたい、参加する試合を考えるときは、地域ごとにまとめていくつかの試合に出るように組みます。南アフリカからみたら、インドも香港も日本もアジア辺りで同じような地域です。香港の試合なんかと繋がってると本当にいいですね。もちろん、賞金10Kは非常に魅力的な大会です。

私は南アフリカのケープタウンでトレーニングをしていますが、クラブごとにコートの材質が異なります。だから、コンクリートやABS樹脂パネルなど、私はどんな種類のコートでも調整してプレーすることができます。それに、試合をするにあたって、私が自分の力でコントロールできるものとできないものはしっかりわかっています。なので、ただ、自分でコントロールできる事をコントロールするだけです。

Interviewed by Staff-M(Kazuko)

IMG_3269

Comments are closed.