PSA QF-1/PSA準々決勝-1(レビュー追記)

[7] James Huang (TPE) 3-1 [3] Matthew Karwalski (AUS) 11-8, 4-11, 11-8, 14-12 (59 min)

ジェームスがカワルスキを破りました!

James Huang upset!

第一ゲームは互いに様子を伺うようにゲームが始まり、ドライブ主体の展開となった。ジェームスは、マシューの短くなったボールを的確に打ち込み、徐々に自分の展開に持ち込む。ドロップとボーストの精度が定まっていないマシューには厳しい立ち上がりとなり、このゲームはジェームスが取る。
第二ゲーム、マシューはドライブ主体の展開からボースト&ドロップといったジェームスを前後に動かすプレーにスイッチし、ゲームの主導権を取り戻しゲームを取り返す。
第三ゲームはマシューが前半は2ゲーム目のペースのままリードするも、ジェームスの粘り強いピックアップにタッチが早くなり、ボーストとドロップのミスが重なる。最後は、ラリー力のあるジェームスが自分のペースに持ち込みゲームを取り2-1に。
第四ゲームに入ると2人ともミスの少ないゲーム展開になる。点差が離れず対ブレークまでもつれ込む接戦。マシューの前後左右に相手を動かして行くプレースタイルに対して、ジェームスのピックアップ能力を活かしたドライブ主体のプレースタイルを両者は最後まで保った中で、ミスの少ないジェームスが次のステージの切符を握った。

SQ-CUBE PRO 清水孝典

1st game started with exchanging careful rallies mainly using driving strokes.  James did not miss the chance of Matthew’s short ball and smashed accurately and took the initiative of the game gradually. Matthew’s boast and drop were rather erratic and James took advantage of it and won this game.

In the 2nd game, Matthew switched his stroke from drive to boast and drop.

This made James to move back and forth and resulted in getting the initiative of the game and won this game. In the 3rd game, front half of the game pattern was same as that of 2nd game and Matthew led the game but James persistently caught up with pick up and forced Matthew to hit the ball preemptively and resulted in more errors of boasts and drops. Lastly, James with more rallying capability, took the initiative of the game and led the game by 2-1. In the 4th game, both committed lesser errors and the score was seesawing back and forth and went into tiebreaker. Matthew tried to move James right to left and back and forth but James kept up with this and using drives, James got the ticket for the next game with lesser errors.

SQ-CUBE PRO – Takanori Shimizu

PSA-QF-1-5L3A5072

PSA-QF-1-5L3A5000PSA-QF-1-5L3A5081

Comments are closed.