Semifinal / 準決勝

CHRISTOPHER GORDON (USA) bt NYEON-HO LEE (KOR) 11-5 8-11 11-8 9-11 11-4 (82 min)

CHRISTOPHER GORDON (USA)

CHRISTOPHER GORDON (USA)


The first semi final of the day saw a very competitive match between Christopher Gordon from US and Nyeon-Ho Lee from South Korea.

The both players started the first game well with Lee showing no sign of fatigue from yesterday’s long match against Local Wildcard, Takanori Shimizu. At 8-5 there was an accident and Lee seemed sprained his ankle. Lee still looked in pain after taking injury time and lost the first.

But in the second game Lee came back strongly. The injury seemed not affecting his performance.

The third and forth were extremely close games, though it was Gordon who was leading the games changing the pace and moving Lee all four corners. Lee showed amazing physical ability retrieving the impossible.

The final game started with Lee’s shots hitting the tin. Those easy points helped Gordon play more in control. Lee could not keep his nerve and the game ended at 11-4.


JAMES SNELL(ENG) bt CHENG YAO HUANG(TPE) 11-6 11-8 11-6 (26 min)
JAMES SNELL(ENG)

JAMES SNELL(ENG)


The second semifinal was a rather one-sided match. The second seeded, James Snell from England moved into the final with a professional display against Cheng Yao Huang of Chinese Taipei.

The whole through the match Snell was comfortably in control with his tight straight drives and good cross-court shots. Cheng was forced to move around the court and hit loose shot, which Snell finished with very decisive drop shot. The crowd enjoyed Snell’s impressive skill of counter and cross courts drops.


Today’s final between Gordon and Snell starts at 18:00 at SQ-CUBE. We look forward to seeing even bigger crowd. It’s your chance to witness the finest squash in Japan…


クリストファー・ゴードン(USA) bt リ・ニョン・ホ(KOR) 11-5 8-11 11-8 9-11 11-4 (82 分)

NYEON-HO LEE (KOR)

NYEON-HO LEE (KOR)


準決勝第1試合、クリストファー・ゴードン(US)とリ・ニョンホ(KOR)の戦いは非常に接戦だった。

リが昨日のワイルドカード清水孝典との長時間の試合の疲労の徴候も示さず、両プレーヤーともゲームの最初は調子よく始まった。8-5で、アクシデントがあり、リが足首を捻挫したように見えた。リは回復時間をとった後も痛さをみせ、最初のゲームを失った。

しかし2ゲーム目、リは回復し怪我は彼のパフォーマンスに影響を及ぼしていないようだった。

第3、第4ゲームは、ゲームを主導するゴードンがペースをかえ、四隅にまんべんなくリを動かしたが非常に接戦だった。リは、不可能を可能にする驚くべき身体的能力を示した。

最終ゲームは、ティンに当たるリのショットから始まった。そういった容易な得点によってゴードンがゲームをモノにするのを助けてしまった。リは平常心を保つことができず、試合は11-4で終了した。


ジェームス・スネル(ENG) bt チャン・ヤオ・ハン(TPE) 11-6 11-8 11-6 (26 分)

CHENG YAO HUANG(TPE)

CHENG YAO HUANG(TPE)


準決勝第2試合は、むしろ一方的な試合だった。第2シード、ジェームズ・スネル(ENG)がチェン・ヤオ・ハン(TPE)に対してプロフェッショナルな技術をみせつけ決勝に進出した。

試合全体を通してスネルは、タイトなストレートドライブとよいクロスコートショットで気持ちよくコントロールしていた。チェンはコートを走らされルーズなショットを打つことを強いらされ、それをスネルは決定的なドロップショットで仕上げた。観客は、スネルのカウンターとクロスコートドロップのスキルを堪能した。


ゴードン対スネルによる本日の決勝は、SQ-CUBEで18時から始まります。我々は、さらに多くの観客に会うことを楽しみにします。それは、日本で最もすばらしいスカッシュを目撃するチャンスです…

Comments are closed.