Short Interview 2 / ショートインタビュー2

今回、初めてドイツ語圏の選手が参加してくれました。その一人、シーナ選手のインタビューです。

彼女はミュンヘンの生まれで、ご両親がスカッシュをやっていたので、少女の頃に競技を始めました。14歳でドイツのエッセンに単独スカッシュのために移り住み本格的にトレーニングに励みました。そしてナショナルチームメンバーとなって、ドイツスカッシュのメッカであるパダボーンのスカッシュクラブに入りました。パダボーンの9面のコートを有する大きなスポーツセンターで日夜トレーニングに励んでいます。
現在はドイツ連邦軍のスポーツ選手として(スカッシュは男女1名ずつ)お給料を貰いながら選手生活をしています。ただし、遠征費は自腹なのだそうです。

ドイツでは女性プロ選手は三名で、日本とほぼ同じ様な状況です。(三人ともナショナルチームメンバーでパダボーンクラブに所属)サラ選手にとって、一万ドルの大会は初めてだそうです。

シーナ選手のウェブサイト

Sina

Comments are closed.